会社概要

MESSAGE
代表あいさつ

大きな変化の時代。私たちにできること。

[yamapac] 山内紙器株式会社は、
持続可能な、環境にやさしい
ダンボール・紙パッケージ製品で、社会に貢献します。

「Sustainable=持続可能」ということが、よく言われるようになりました。私たちの住む地球も、この日本も、大きな変化のただ中にあります。みんなが幸せな(不幸でない)社会と、地球環境が壊れることなく続いていくためには、どうすればいいか。

山内紙器は考えます。昭和32年の創業以来、ダンボール箱やパッケージを作り続けてきた企業として、今、何ができるかを――。

ダンボールは、95%以上がリサイクルされるエコな素材です。また、パッケージをはじめとするその他の紙製品もリサイクルされて、材料として戻っていきます。他の素材ではなく、ダンボール、紙製品を使うことは、「持続可能」な世界につながります。プラスチックの廃棄物が世界的な問題となる中、箱だけでなく、ダンボールや紙でできるものがたくさん、あるはずです。

また、ダンボールや紙には、比較的安価にできる印刷や加工の自由度があります。「持続可能」の考えは理解できても、「厳しさ」や「我慢」を強いられるようでは人の行動は続かないので、楽しさやワクワクも作っていきたい。そこには、ノウハウも必要ですが、長年の経験を活かして、材質を吟味した設計、デザインを行っていきます。

そして、人の本能として、便利さ、容易であることも「続いていく」ために欠かせないものです。ダンボール、紙製品を使うことの便利さの一つとして「捨てやすさ」があります。モノは使っている以上、消耗したときに処分するときがきます。そのときに、楽に、そして環境に負荷をかけずに捨てられる、これも大事な要素です。

ワクワクするから、使いたい、取っておきたい。
処分しやすいから、便利。
でも、リサイクルされるから、環境にやさしい。

そんな製品で皆さまに喜んでいただきたい、と考えています。

そしてずっと、変わらないもの――それは、お客様のスムーズなお仕事のためのきめ細かな対応、きちんとした仕事、当たり前に守られる納期など、お客様との信頼関係のための対応――こちらも変わらず続けてまいります。

[yamapac]山内紙器株式会社は、通常の業務でパッケージを必要とされているお客様のお役に立つこと、ご満足いただける製品をご提供すること、新たなダンボール・紙製品やご提案で喜んでいただけることを基本に置きつつ、常に進みつつある地球の時間がずっと続いていくよう、持続可能な素材の製品を供給することで社会に貢献してまいります。

代表取締役 山内 淳

OUR MISSION
事業理念=存在意義

持続可能

環境にやさしいダンボール、紙パッケージ製品を提案、
提供し、地球環境、社会に貢献する。

SDGsへの取り組み

SUSTAINABLE

お客様の毎日を
スムーズに
そして更新提案

処分のしやすい素材であるダンボール、紙パッケージ製品で、お客様のお仕事、生活のお役に立ち、喜んでいただく。新たな視点をご提案する。

USEFUL&UPDATE

機能性とワクワク感

便利でワクワクする製品づくりを楽しみ、楽しさと喜びをお客様と共有する。

FUNCTIONAL&EXCITING

PHILOSOPHY
経営理念

関わる人が
幸せを感じる
会社であること。

OUTLINE
会社概要

会社名 山内紙器株式会社
英文社名 Yamauchi-Shiki Corporation
設立 昭和32年4月24日
代表取締役 山内 淳
従業員数 29 名
資本金 10,000,000円
取引銀行 三菱UFJ銀行 京都支店 
京都信用金庫 西京極支店 
京都銀行 西京極支店
所在地

本社/工場
〒615-0852 
京都市右京区西京極西川町15番地
TEL 075-312-3557 /
FAX 075-314-3701
E-mail:info@yamapac.co.jp

神戸支店
〒658-0046 
神戸市東灘区御影本町3丁目7-11
TEL 078-851-7211 /
FAX 078-843-1545
E-mail:kobe@yamapac.co.jp

ACCESS
アクセス

京都本社/工場

電車でお越しの場合 : 阪急京都線 西京極駅より徒歩5分

神戸支店

電車でお越しの場合 : 阪神本線 御影駅より徒歩6分