ダンボール箱の基礎知識

ダンボールの基礎知識

KNOWLEDGE
ABOUT CARDBOARD

箱の材質・強度について

ダンボールはナミナミの「中芯」を「ライナー」でサンドイッチするようにして作られています。この「中芯」と「ライナー」の種類によって、箱の強度が決まってくるのです。

Aフルート

A段とも呼ばれ、厚みが約5mm(JIS規格で4.5~4.8mm)、30cmあたりの段の数(ナミナミ模様の数)が34±2個になるものをいいます。引っ越し用の箱などで一番よく目にするタイプです。

Bフルート

B段とも呼ばれ、厚みが約3mm(JIS規格で2.4~2.7mm)、30cmあたりの段の数(ナミナミ模様の数)が50±2個になるものをいいます。

Cフルート

厚みが約4mm(JIS規格で3.4~3.7mm)、30cmあたりの段の数(ナミナミ模様の数)が40±2個になるものをCフルートと呼んでいます。強度的にはAフルートと遜色ないのに、厚みが薄く、かさばらないという長所があります。

Wフルート

AフルートとBフルートを貼りあわせて、強度をもたせたものです。

マイクロフルート

E、F、Gフルートを総称としてマイクロフルートと呼びます。この順に薄くなっていきます。

中芯について

「ナミナミ」の部分を「中芯」といいますが、ここを強くすることでも箱の強度は変わってきます。標準のものが120g(/㎡)なのですが、これを強くしたものとして、160g、180gのものがあります。
さらにこの中芯にコーティングを施すことで強くした強化中芯の180g、200gもあります。
最近では160gに代わるものとして、強化中芯120gを提案しているメーカーもあります。

ライナーについて

「ナミナミ」の中芯を挟んでいる両側の紙が「ライナー」です。このライナーの種類によっても、ダンボールの強度は変わってきます。
一般的に使用されているライナーはC5、K5、K6、K7というもので、この順番に強くなっていきます。D、C、Kというのは古紙の配合率が違っており、この順番に古紙の配合率は低くなります。
逆にいうとバージンパルプの使用率が上がる分、強くなる、とともに値段も上がってしまうわけです。

箱の形式について

A式

いわゆる「みかん箱」です。引っ越しなどでも使われている、一番ポピュラーといってもいい「段ボール箱」です。

B式

フタと底のついた昔ながらの箱で「キャラメル箱」とも言われています。

C式

「フタ」と「身」に分かれるタイプです。「身」の折り返しの部分は「額縁(がくぶち)」と呼んでいます。名前の通り、「身」の部分だけ見れば額縁に似た形ですね。

E式

C式と同じように「フタ」と「身」に分かれるタイプですが、「フタ」「身」のそれぞれがA式を真ん中で切ったような形状になります。

N式

フタがカパッと空くタイプです。

タトウ式

パタパタと包んでいくような感じの箱です。メール便などでよく見るタイプです。